×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

腰の痛み

腰の痛みって大変ですよね、温泉や運動の仕方とかを工夫して少しでも和らげましょう。
フレーム上

腰の痛みで考えられる原因

腰痛というと、何となく年寄り臭いイメージがありますが、実は若い人にも腰痛が増加しているのをご存知ですか?腰痛とひとくちに言っても、その原因(改善できるものと改善できないものがあることでしょう)や種類は全然違いるかもしれませんね。例えば、原因としてよくあるのは、筋肉痛です。運動に限らず、仕事や家事などで起きることもあります。

次に、こりがあります。肩こり(筋肉の疲労が原因であることが多いものの、病気が原因で起こることもありますから、自己診断は禁物です)のように、血行が滞ってこってしまった状態でも腰に痛みを感じます。これは、長時間腰を曲げたような変な姿勢を続けている場合起きます。また、老化に伴って増えてくるのが、関節の軟骨がすり減って起こる腰痛です。おそらく腰痛が年寄り臭いというイメージは、この腰痛から来ているのでしょう。

しかし、腰痛の原因はそればかりではありません。頻繁に言われているぎっくり腰は、いきなり腰に力を入れた時に突然起きることが知られています。これらは全て、腰自体に問題があって起きた腰痛ですが、場合によっては内臓疾患が腰痛として現れるということもあります。

例えば、すい臓がんなどと言った場合、殆ど自覚症状を感じないと言われているのですが、末期になってくれね腰痛として自覚症状が現れることもあるのです。このように、腰痛といっても腰の筋肉や骨に問題が発生して起きる腰痛と、内臓疾患が原因で起きる腰痛があって、どちらかと言えば後者のほうが恐ろしいと言えます。特に腰痛の原因に心当たりがないのに、何となく腰に鈍い痛みを感じるようになったら、ぜひ健康診断(市や区などが市民に向けて行うこともよくあります)を受けてください。

温泉は腰の痛みにいい

腰痛や肩こりなどには、温泉がよく効くと言われていますよね。では、実際にどんな効果があるんでしょうか?ひとくちに温泉といっても、場所によっても温泉(塩化物泉、炭酸水素塩泉、硫酸塩泉、単純温泉、二酸化炭素塩泉、硫黄泉、放射能泉、酸性泉、鉄泉などがあります)の種類(自分がどれに当て嵌まるのかを知ることも時には大切かもしれません)に違いがあります。

日本の温泉(循環式と掛け流しがありますが、やはり、掛け流しが人気ですね)にも沢山の種類がありますが、特に多いのは特定の成分が一定量以下の単純温泉です。その他にも、肌がツルツルになる重曹泉、リュウマチなどに効果があるとされているラジウム泉、硫黄の匂いがきつい硫黄泉、塩分を含む食塩泉などがよく知られているでしょう。そして、それらの温泉では、それぞれ効能にも違いがあります。

実は、温泉の効能については、科学的になんらかの証明がされているわけではないのですが、臨床的に「効果が見込める」とされているのです。一般的に、腰痛に効くとされているのは以下のような温泉です。

・幅広い効能があるとされている単純泉

・神経痛などに効果があるとされるナトリウム・硫酸塩泉

・鎮静効果があるとされるマグネシウム(不足すると、体に様々な不具合が生じるでしょう)・硫酸塩泉

・リュウマチなどに効果があるとされているラジウム泉(放射能泉)

代表的なのは以上の泉質を持つ温泉(規定の成分が含まれていなくても、湧き出た時の温度が25℃以上なら温泉法の定義では、温泉となります)ですが、腰痛の多くは温めることで痛みの抑制効果が見られることから、ほとんどの温泉(規定の成分が含まれていなくても、湧き出た時の温度が25℃以上なら温泉法の定義では、温泉となります)で効能を謳っていますね。温泉で腰痛を改善するためには、ちょっと旅行に行って温泉に浸かるという程度のことでは足りません。

基本としては、湯治と呼ばれるやり方で、3〜4週間、毎日規則正しい時間温泉に入ることで自然治癒力などを高めて、腰痛を改善するのです。費用的にも時間的にも、温泉で腰の痛みを改善するのは難しいかもしれませんね。温泉成分の含まれた入浴剤を毎日家庭で使うことでも、ある程度の効果は期待できるのです。

今野式乱視改善エクササイズ

妊娠中には腰痛になりやすい

妊娠中には腰痛になりやすいというのは、よく知られた話です。お腹が大きく重くなるのですから、負担がかかるのは当然なのですが、実はお腹が重くなるだけが腰痛の原因ではありません。単純に体重だけで言えば、もっと太っている人はたくさんいますよね。太っていれば腰に負担がかかるのは当然ですが、妊婦さんのように腰痛が出るとは限りません。妊娠中の妊婦さんが腰痛となるのは、やっぱり、お腹が大きくなり始める頃からです。

しかし、それは重いからという訳ではなく、実際には妊娠中に増える体重は10kg未満に抑えるように医師から指示をされるのですから、体重だけが大きな負担というわけではないのです。妊婦さんだったら、お腹だけがせり出す形で大きくなります。この為、常にバランスを取らなければなりませんので、必然的に背中をそらすような姿勢で立つことが多くなりがちです。この身体を反らすような姿勢は、非常に腰に負担がかかります。それだけでなく、腹部が大きくせり出してくると、足元がほとんど見えません。

特に階段を降りる時には、身体を横に傾けるような感じで、足元を確認しながら一歩一歩慎重に降りなければ危険です。この不自然な姿勢も、とても腰に負担がかかります。また、寝る時にも、お腹の中にいるのは赤ン坊ですから、お腹が大きくなってくると腹部が潰れるような体勢では眠れなくなります。仰向けで寝ると、お腹の重さが寝ていても腰の負担になるのです。今野式乱視改善エクササイズ


フレーム下 class=


Copyright (C) 2014 腰の痛み All Rights Reserved.

ページの先頭へ